ヘルプを自分の成長に生かすコツとは?

ヘルプは「修行」の場です

ヘルプはキャバ嬢やクラブホステスなどのお仕事初心者には必ず通る道です。どんなにキレイな子でもすでにお客様を持っている状態で入店しない限りは、はじめはヘルプスタートになります。未経験の初心者の場合は持ち客がゼロですので当然ヘルプからのスタートになります。

ヘルプは自分の売り上げにはなりませんし、着いたお客様には必ずお気に入りの指名キャストがいるため、あまりメリットがなさそうな仕事に思えてしまうのでモチベーションがわかないかもしれません。

しかしヘルプの期間にどれだけ店のルールやマナーなどを覚えて使いこなせるようになるかによって、その後の伸びしろが変わります。ヘルプ嬢として一人前になれなければ、人気キャバ嬢になどなれるわけがありません。

今日はそんなヘルプで学ぶべきことについて説明します。

お客様を奪うことは厳禁

クラブのように一度決めたら指名が変わらない「永久指名」ではないのがキャバクラやラウンジですが、だからと言ってキャストが他の人の指名客を奪うことは許されないことです。奪い合いがあるとキャスト同士の中もぎすぎすしますし、ヘルプに自分のお客様を任せて、安心して他のテーブルに行くことが出来なくなってしまいます。

だからこそヘルプ嬢はヘルプらしく必要とされている業務を過不足なく行うことが必要となるのです。これを守らないと、自分が成長して指名をもらった時に、ヘルプ嬢が協力してくれなくなります。

反対にクラブの場合は指名が変わるということがないので、お客様と名刺を交換したり、アフターや同伴に行くことも問題なくできます。

ヘルプで学ぶべきスキルとは?

厳しいルールとメリットが見えない接客がヘルプ嬢の仕事ですが、これをきっちりと出来るようになれば、ナイトワークにおけるスキルはグンとアップします。意識的に技を磨いて、次に生かしましょう。

例えば次の3つのポイントに注意します

  • スキル1.ヘルプで磨くトークスキル
  • スキル2.ヘルプで磨くよどみないマナー
  • スキル3.ヘルプで磨く断るスキル

以下でそれぞれのポイントについて説明します。

まずヘルプ嬢は指名の女の子がいないお客様の不満を緩和するためにトークで奮闘することになりますのでトークスキルが必要です。特別気に入られているわけでもなく、お気に入りの子を待っている状況でのトークはつらいものですが、その分盛り上げるスキルは身に着きます。

新人でヘルプで孤軍奮闘は三重苦ですが、その中で生き抜く力をつけましょう。これが後々間違いなく役に立ちます。

次にヘルプでは、トークで盛り上がらなくても最低限、心地よくお客様に過ごしてもらえるように心がけましょう。指名のキャストが戻ってきたときにテーブルが汚れていたり、灰皿が溜まっていたのでは減点です。

この辺に注意して一生懸命におもてなしをしていると、自然に接客マナーが身に着きます。

そしてヘルプ嬢にはお客様からのお誘いや連絡先交換の申し出を断るという仕事があります。コレを繰り返すことで、お客様の気持ちを損ねることなくスマートに断るスキルが身に着きます。これは今後行きたくないアフターなどを断る際に生きてきます。

LINEから面接応募が無料で申し込みできます

『LINEのバナーをクリックして友達追加』
LINEで友達追加をすることで当社にご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思いますが決まっていなければ相談からでもOKです。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきますのでご興味がありましたら面接来ていただく流れになります。
 ↓
『面談&面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接の当日』
約束した日時に当社スタッフと待ちわせをしていただいて、当社スタッフが店舗まで案内します。ご希望の店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否はわかり次第報告します。面接に合格した場合は体験入店の希望日のスケジュールを決めていただきます。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。何度でも無料で対応いたしますのでご安心ください。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼〜夕方くらいに、出勤確認の連絡をさせていただきますので必ずご返信をお願いします。
ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますのでご安心ください。体験入店当日は、顔写真つきの身分証が必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店の終了後』
結果の合否をわかり次第報告します。採用の場合は本入店の希望日のスケジュールを調整します。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整しますが何度ご利用いただいても無料ですのでご安心ください。
 ↓
『入店後のアフターケア』
入店後も「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などをお気軽に言っていただければと思います。。当社が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉しますのでお店に言いにくいこともお気軽に言っていただいて大丈夫です。
もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

以上がLINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。

LINEアイコン

水割りやロックの上手な作り方とは?

お酒作りをマスターしよう

キャバクラのお仕事は、お客様におしゃべりと美味しいお酒を楽しんでもらうことがメインです。そのためには上手なお酒作りが欠かせません。  

ラウンジだと不要だったりもしますが、高級クラブやキャバクラで働くには、美味しいお酒を手際よく作るスキルが必須となります。

今キャバクラで働いている人、これからキャバクラで働こうと考えている人、どちらも、お酒の美味しい作り方をチェックしておきましょう。手際良くお酒を作れるようになるだけでお客様からの印象が格段にアップします。

水割りの上手な作り方

まず最初にグラスを冷やします。  

次にトングを使い、アイスをグラスに一杯に入れます。マドラーをくるくる10回ほど回して、グラス全体を冷やします。  

そしてグラスが冷たくなったら、ウィスキーを注ぎます。
この時に忘れてはいけないことはボトルは両手で持ち、ラベルを上にすることです。

ウィスキーの量は、シングル(=30ml)、ダブル(=60ml)という数え方と、ワンフィンガー、ツーフィンガーという呼び方の2種類があります。フィンガーの方は、底から指一本分、二本分という意味です。一番最初は、まず薄目に作るのがセオリーですが、お客様の好みを確認してから作るようにします。  

最後に水です。グラスの7.5~8割になるように注ぎます。ミネラルウォーターなどのボトルから注ぐ場合、お酒と同じように、ラベルは上向きにすることをお忘れなく。そして全体をマドラーで混ぜ合わせます。この作業を「ステア」と呼ぶのですが、上手にステアするには、ちょっとしたコツが要ります。

初心者は、先輩に教えてもらうといいかもしれません。ステアした後は、逆向きに回して、氷の回転を止めてから供します。使った後のマドラーは、アイスを入れたペールに戻します。ここまでで、氷が溶けて少なくなっていたら、最後にひとつアイスを足します。これで完成です。  

そしていよいよお客様の前にコースターを置き、グラスについた滴をハンカチかナプキンで拭って供します。

ロックの上手な作り方

ウィスキーの味が好きで、長く楽しみたい人は、ロックで飲むことを好みますのでロックにも慣れる必要があります。

通常はシングルかダブルで飲む人が多いです。専用のグラスがある場合は、ボーイにロック用のタンブラーを持ってきてもらいましょう。アイスは、キューブアイスなら3~4個入れます。数が多いと、溶けてしまって、ウィスキーが薄くなるからです。  

ロック用の大きなアイスがあれば、そちらを提供する方が喜ばれるでしょう。マドラーでさっと混ぜてお出しします。ウィスキーをロックで嗜む場合、チェイサーを頼む人も多いので用意しておきましょう(チェイサーとは、口直しの水のこと)。

ウィスキーは45度とアルコール度数が高い蒸留酒なので、胃腸にとっても、時々お水を差し挟む方が刺激が少ないと言われています。「ロックとチェイサーね」と言われれば、ロックと水を下さいという意味なので、ぽかんとしてはいけません。お客様がロックで注文されたら、「チェイサーもおつけしておきますか?」などとこちらから確認してあげると、気が利いていると喜ばれるかもしれません。

LINEから面接応募が無料で申し込みできます

『LINEのバナーをクリックして友達追加』
LINEで友達追加をすることで当社にご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思いますが決まっていなければ相談からでもOKです。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきますのでご興味がありましたら面接来ていただく流れになります。
 ↓
『面談&面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接の当日』
約束した日時に当社スタッフと待ちわせをしていただいて、当社スタッフが店舗まで案内します。ご希望の店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否はわかり次第報告します。面接に合格した場合は体験入店の希望日のスケジュールを決めていただきます。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。何度でも無料で対応いたしますのでご安心ください。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼〜夕方くらいに、出勤確認の連絡をさせていただきますので必ずご返信をお願いします。
ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますのでご安心ください。体験入店当日は、顔写真つきの身分証が必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店の終了後』
結果の合否をわかり次第報告します。採用の場合は本入店の希望日のスケジュールを調整します。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整しますが何度ご利用いただいても無料ですのでご安心ください。
 ↓
『入店後のアフターケア』
入店後も「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などをお気軽に言っていただければと思います。。当社が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉しますのでお店に言いにくいこともお気軽に言っていただいて大丈夫です。
もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

以上がLINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。

LINEアイコン

ラウンジとパパ活の違いとは?

パパ活も人気?

最近は会員制ラウンジやキャバクラなどで働くのと同じくらいパパ活も人気です。

実際に「ギャラ飲み」と言われているようにキャバクラやラウンジと変わらないようなお仕事をやるのもパパ活の一部のように捉えられています。

そこで今回はラウンジなどのナイトワークで働くことと自分でパパ活を行うことの違いについてまとめてみます。

集客方法の違い

会員制ラウンジは店舗がありますので新規のお客様の獲得はほぼお店がやってくれます。出勤していれば新規のお客様の接客をすることができます。

時給を上げたりバックをもらって更に稼ぐためには、お客様を自力でまたお店に呼ぶ必要があります。

ところが新規のお客様を自分で選ぶことはできないので、自分が苦手な人に当たる事もあります。会員制ラウンジはお店の料金設定が高いので、自然とお客様の質はよくなりますが、完全新規のお客様は少ないのがデメリットです。

これに対しパパ活やギャラ飲みをする場合は、SNSやアプリなどを使って完全に自力になります。

パパとなる相手の候補と会う段取りから全て自分の仕事です。予定を組んでも相手がバックレてしまうこともあります。

とはいえ営業をかける相手は自分で選ぶことができますので、あまり好みでない人と出会うということはありません。

パパ活やギャラ飲みだけで生活できるくらいの金額を稼ぐには、キャバクラやラウンジよりも容姿のレベルが高い必要もあります。

お給料の違い

会員制ラウンジでは時給が発生します。待機(席についていない時間)で時給が発生しないというお店は今ではほとんどありません。

また指名を増やしたり同伴することでバックが出ますので給料アップも期待できます。
ただ、実力主義の世界ですので、成績が悪い場合は出勤調整をされてしまう可能性があるのが会員制ラウンジのデメリットです。

個人でパパ活をする場合、お手当は自分で決められます。
一般的にはお茶で5千円~1万円、食事1万円~3万円などと言われますがケースバイケースです。

最近は昔に比べると相場が下がったといわれてます。昔はパパ活しようとしても敷居の高さがありましたが、アプリなどが増えた今ではただの学生レベルの女性たちもやり始めたことで女性の供給過多になったことが原因だと思います。

今ではどちらかというと男性が主導権を握っていますので案外金額が低く抑えられることもあります。

安全性の違い

会員制ラウンジでは店内にはもちろん男性スタッフや他の女の子もいますので安全です。お客様も基本的にラウンジでしていいこと、してはいけないことがわかっています。店内で危険な目に合うということは基本ありません。

注意が必要なのは店外です。
同伴やアフターなどはお客様と2人きりになってしまいますので、店外では自分で危機管理するしかありません。

個室のあるお店を避けたりするなど、もしものことを考えてリスクヘッジしましょう。

これに対しパパ活の場合は、はじめて顔合わせするときから自分の身は自分で守るしかありません。
細心の注意を払う必要がありますし、SNSなどでのやりとりで少しでもおかしいかもと感じたら避けたほうがいいでしょう。

LINEから面接応募が無料で申し込みできます

『LINEのバナーをクリックして友達追加』
LINEで友達追加をすることで当社にご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思いますが決まっていなければ相談からでもOKです。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきますのでご興味がありましたら面接来ていただく流れになります。
 ↓
『面談&面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接の当日』
約束した日時に当社スタッフと待ちわせをしていただいて、当社スタッフが店舗まで案内します。ご希望の店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否はわかり次第報告します。面接に合格した場合は体験入店の希望日のスケジュールを決めていただきます。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。何度でも無料で対応いたしますのでご安心ください。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼〜夕方くらいに、出勤確認の連絡をさせていただきますので必ずご返信をお願いします。
ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますのでご安心ください。体験入店当日は、顔写真つきの身分証が必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店の終了後』
結果の合否をわかり次第報告します。採用の場合は本入店の希望日のスケジュールを調整します。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整しますが何度ご利用いただいても無料ですのでご安心ください。
 ↓
『入店後のアフターケア』
入店後も「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などをお気軽に言っていただければと思います。。当社が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉しますのでお店に言いにくいこともお気軽に言っていただいて大丈夫です。
もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

以上がLINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。

LINEアイコン

会員制ラウンジとキャバクラの違いって何?

違いを知って自分に合う方で働こう

似ているようで違う、違うようで似ている側面もあるのが会員制ラウンジとキャバクラです。

例えば私服で働けるのが会員制ラウンジの特徴にも見えますが、最近だと私服キャバクラというジャンルのお店も出てきてわかりにくくなってます。

ノルマやペナルティがないのがラウンジの特徴のようにも見えますが、最近だとノルマなしのキャバクラも増えておりますます違いがわかりにくくなっています。

そこで今回は会員制ラウンジとキャバクラの違いについてまとめてみます。

採用基準の違い

ルックスについての採用基準は会員制ラウンジの方が高めです。というかルックスだけで合否は判断されるのが会員制ラウンジの特徴です。

ですので未経験でもルックスのレベルが高ければ問題なく採用が出ます。キャバクラで重視される出勤できる日数や、実績はあまり関係ありません。

キャバクラでどんなに売り上げがあった子でもルックスがお店のレベルに合わなければ落とされてしまいます。

キャバクラの場合はもちろんルックスは最低限のレベルが必要ですが査定はラウンジよりも優しいです。
容姿だけでなく、実績や、シフトについても考慮されます。

ただ持ち客などがいない場合は、最低でも週に3日程度、週末の出勤は必須じゃないと採用はもらえないことが多いです。

時給の違い

会員制ラウンジの時給は3000円~が相場です。実績などは関係なく容姿だけをベースに査定されます。

ただしキャバクラに比べ時給は1000円~2000円程度下がります。これはキャバクラのようにノルマやペナルティがない、出勤ノルマなどもないという自由さの裏返しです。

とはいえ時給が低い分、バックなどは充実しています。

キャバクラの場合採用時給は4000円以上が相場になっています。
そして持ち客の有無などの実績や出勤日数によっても時給が変動します。

とはいえ売り上げがあってお客様を持っている女の子であれば時給で1万以上稼いでる子もざらに居ます。
全体の平均をとれば時給自体はラウンジよりもキャバクラの方が高いです。

客層の違い

会員制ラウンジは、会員制なので「客層が良い」というイメージがあるかもしれませんが、派手な飲み方をする人が多いのが現実です。

テキーラ、イエーガー、コカレロなどのショットや、ワイン、シャンパンなどの抜き物が多く出ますのでお酒が弱いと苦しいです。

またワイワイした雰囲気が苦手な人には合わないと思います。単価の高いイケイケなお客様が得意だった人は向いてると思います。

キャバクラの場合は様々で、大衆店であればサラリーマンがメイン、高級店では富裕層がメインとなります。

最近は歌舞伎町などでもグレーな方たちの出入りも減ったようで、割と最近はどの店も落ち着いているようで客層が良くなっている傾向があります。

接客行為

会員制ラウンジに接客という業務はありません。ルックスが良い、ノリが良い、酒が飲めるという三拍子がそろって入ればなんとかなります。
ただし営業時間は長く、終電上がりなどはできないことが多いので割と体力は使います。

キャバクラの場合は、いわゆる接待をする業務があるため、接客について気を張ることはキャバクラの方が多いです。
稼ごうとするには売り上げを意識して、お客様を呼ばなければなりません。

高級店となると本業として1本でやってかないと、長く働くのは難しいかもしれません。営業時間は短かめで、お客様や売り上げをコントロールできるようになれば割と自由に時間を使えます。

LINEから面接応募が無料で申し込みできます

『LINEのバナーをクリックして友達追加』
LINEで友達追加をすることで当社にご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思いますが決まっていなければ相談からでもOKです。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきますのでご興味がありましたら面接来ていただく流れになります。
 ↓
『面談&面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接の当日』
約束した日時に当社スタッフと待ちわせをしていただいて、当社スタッフが店舗まで案内します。ご希望の店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否はわかり次第報告します。面接に合格した場合は体験入店の希望日のスケジュールを決めていただきます。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。何度でも無料で対応いたしますのでご安心ください。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼〜夕方くらいに、出勤確認の連絡をさせていただきますので必ずご返信をお願いします。
ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますのでご安心ください。体験入店当日は、顔写真つきの身分証が必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店の終了後』
結果の合否をわかり次第報告します。採用の場合は本入店の希望日のスケジュールを調整します。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整しますが何度ご利用いただいても無料ですのでご安心ください。
 ↓
『入店後のアフターケア』
入店後も「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などをお気軽に言っていただければと思います。。当社が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉しますのでお店に言いにくいこともお気軽に言っていただいて大丈夫です。
もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

以上がLINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。
LINEアイコン

会員制ラウンジの特徴を再度ご紹介

会員制ラウンジの特徴をつかむ

「キャバクラと会員制ラウンジって何が違うんですか?」
「ガールズバーと会員制ラウンジって何が違うんですか?」

お問い合わせの際にいただく質問の中でも特に多い質問です。実際にキャバクラに近いラウンジもありますし、反対にラウンジに近いシステムで運営しているキャバクラも多いので余計にわかりにくくなります。

そこで今回は「会員制ラウンジの特徴」について再度説明したいと思います。

ヘアメイク・ドレス

キャバクラやクラブでヘアメイク、ドレスの着用が義務付けられています。
会員制ラウンジでは私服で働けて、ヘアメイク不要のため、いつもの自分のスタイルのまま勤務できます。
ただしお店によってはきれい目のワンピースのみ可だったりもしますのでお店ごとに確認は必要です。

とはいえキャバクラのようにドレスを持って出勤したり、ヘアメイクをバッチリして街を歩くことがないため、お友達や家族、会社に内緒で働くならラウンジがオススメです。

接客行為

お客様のお酒を作る、タバコに火をつけるなどの接客行為がキャバクラやクラブでは必須ですが、会員制ラウンジには一切接客業務がありません。

隣に座って合コンのように楽しく飲めばそれで仕事が成立します。
ですので未経験者でも気軽に始められます。

時給・ノルマ・ペナルティ

基本的には売り上げによっての時給の変動がありません。入店時に一度自分の時給が決まればそのまま維持されます。

その基準は完全に容姿だけで判断されます。
とはいえお客様が増えて、売上が増えれば時給があがることもあります。

そして時給を上げて稼ぐのがメインの高級キャバクラやクラブに比べるとバックの種類が豊富です。単純に飲めば飲むほど稼げます。

その場のノリで稼ぐことができるのが魅力です。

またキャバクラやクラブにありがちなノルマ、ペナルティが存在しません。
指名を取らなけれればならないなんてプレッシャーがありません。

そして店舗によっては1日1万円までと上限を設定している場合もありますが、全額日払いのお店が多く存在するのもキャバクラやクラブと違う大きなメリットです。

採用基準

完全に容姿のみで判断されますので、売上などの実績はほぼ関係ありません。

緩く働きたいから会員制ラウンジが良いとお問い合わせ自体はとても多いのですが、実際に受かるのは10人に1人か2人程度ですので採用基準は非常に高いです。

LINEから面接応募が無料で申し込みできます

『LINEのバナーをクリックして友達追加』
LINEで友達追加をすることで当社にご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思いますが決まっていなければ相談からでもOKです。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきますのでご興味がありましたら面接来ていただく流れになります。
 ↓
『面談&面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接の当日』
約束した日時に当社スタッフと待ちわせをしていただいて、当社スタッフが店舗まで案内します。ご希望の店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否はわかり次第報告します。面接に合格した場合は体験入店の希望日のスケジュールを決めていただきます。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。何度でも無料で対応いたしますのでご安心ください。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼〜夕方くらいに、出勤確認の連絡をさせていただきますので必ずご返信をお願いします。
ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますのでご安心ください。体験入店当日は、顔写真つきの身分証が必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店の終了後』
結果の合否をわかり次第報告します。採用の場合は本入店の希望日のスケジュールを調整します。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整しますが何度ご利用いただいても無料ですのでご安心ください。
 ↓
『入店後のアフターケア』
入店後も「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などをお気軽に言っていただければと思います。。当社が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉しますのでお店に言いにくいこともお気軽に言っていただいて大丈夫です。
もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

以上がLINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。
LINEアイコン

このように、キャバクラやクラブにないその自由度の高いお仕事内容や、日払い充実している給料システムからラウンジバイトは今若い女性から大変おおきな人気を誇っています。また職場となるラウンジのお店のあるエリアも、女性に人気の高い恵比寿や西麻布、六本木となっている点も人気に追い打ちをかけています。そんか気になる人気ラウンジのランキングを口コミや実際に働いた経験者の情報から独自に紹介しているサイトを紹介したいと思います。西麻布恵比寿六本木にあるラウンジ専門のバイト求人サイトで、リラウンジという求人サイトです。リラウンジは最新の人気求人情報を網羅しているのみならず、厚生労働省認可の有料職業紹介事業許可も得ている社会的にも信用性の高いサイトです。応募から面接体験入店まで安心したサポートが充実している点も若い女性にリラウンジをオススメする大きな理由といえます。ぜひご参考ください。

恵比寿人気ラウンジのバイト

会員制ラウンジの面接に落ちる理由とは?

面接に落ちるのが普通?

 会員制ラウンジの面接はキャバクラ以上に落ちると言われています。年々会員制ラウンジの知名度が上がっていること、キャバクラと違いノルマもなく、私服で働けて、出勤も自分の都合である程度自由に決められるなどの自由さが面接希望者の増加につながり、採用基準が上がっているのが原因です。

今回はそんな会員制ラウンジの面接に落ちてしまう理由について分析してみたいと思います。

落ちる理由その1・友達と一緒に面接

友達と一緒に働きたいという気持ちはわかります。
しかし2人で面接に行き、2人とも採用される可能性は限りなく低いのが現実です。正確には2人とも不採用になることの方が非常に多いです。

2人組が面接で落ちる理由は簡単で、2人とも生活環境や容姿などが絶対違うというのが大きいです。
2人とも納得できるような条件のお店を探すのは至難の業である上に、1人だけ受かって1人は不採用という判断をした時にお店側が片方だけ採用するのは悪いなと感じてしまって両方不採用にするということが多いです。

つまりただでさえ採用基準が高く受かりにくい会員制ラウンジの面接に2人で行くというのはお店側の採用のハードルを更に上げてしまうことになりますのでいいことがありません。

落ちる理由その2・ルックス

会員制ラウンジの不採用理由の一位はこれです。お店によって採用基準は全然違いますが、基本的にある程度ハイレベルのルックスのレベルも求められますし、だれでもどこでも働けるというわけではありません。

例えばピンク・青・緑など、人によっては引いてしまうような髪色や、プリンの状態はそれだけで不採用になることが多いです。キャバクラではOKの金髪がNGのお店もあります。

また会員制ラウンジでは体型も重要になってきます。実際にモデルの卵などの芸能のお仕事をしている女性も多いので、ぽっちゃり体型だとかなり不利です。

フリーサイズのドレスがぱつぱつの状態になるようだと働く前に痩せる努力が必要になります。

メイクについてはモデルのようなキレイな顔立ちでなければいけないわけではありませんが、面接の際はなるべく濃い目のメイクをする方がいいでしょう。

店内が暗いので化粧が薄いと表情が暗く見えてしまいます。

そして一番残念なのが肌荒れです。せっかく元の顔のレベルが高くても不採用の原因になりますので日頃からケアはしっかりしましょう。

落ちる理由その3・終電あがり希望

終電希望でお店探してますという連絡をよくいただきますが、実際終電までで働けるお店は全体の1割もあるかないかくらいです。

会員制ラウンジのピークタイムは終電以降の時間です。

忙しい時間にいてくれないなら必要ないですという判断をされやすいです。会員制ラウンジの場合は送りが遠方まで出るお店がほとんどで、千葉・埼玉・神奈川のかなり端の方までも行ってくれるお店が多いので、送りで帰ることを検討した方が採用率が上がります。

LINEから面接応募が無料で申し込みできます

『LINEのバナーをクリックして友達追加』
LINEで友達追加をすることで当社にご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思いますが決まっていなければ相談からでもOKです。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきますのでご興味がありましたら面接来ていただく流れになります。
 ↓
『面談&面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接の当日』
約束した日時に当社スタッフと待ちわせをしていただいて、当社スタッフが店舗まで案内します。ご希望の店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否はわかり次第報告します。面接に合格した場合は体験入店の希望日のスケジュールを決めていただきます。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。何度でも無料で対応いたしますのでご安心ください。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼〜夕方くらいに、出勤確認の連絡をさせていただきますので必ずご返信をお願いします。
ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますのでご安心ください。体験入店当日は、顔写真つきの身分証が必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店の終了後』
結果の合否をわかり次第報告します。採用の場合は本入店の希望日のスケジュールを調整します。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整しますが何度ご利用いただいても無料ですのでご安心ください。
 ↓
『入店後のアフターケア』
入店後も「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などをお気軽に言っていただければと思います。。当社が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉しますのでお店に言いにくいこともお気軽に言っていただいて大丈夫です。
もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

以上がLINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。

最新の会員制ラウンジのバイト求人情報を、エリア別で見やすくまとめあるお役立ちサイトを紹介します。ラウンジビップというサイトですが、ラウンジが人気に副業バイトとして選ばれる理由でもある全額日払い・高時給・終電あがりの条件ごとに求人情報をまとめあるなど、バイトさがしが加速するコンテンツづくりが魅力です。例えばラウンジの中心地でもある西麻布ラウンジの人気ランキング情報がネバーまとめでも取り上げられいるなど専門家スタッフのあいだでも意見が一致している正確で包括的な情報が公開されています。またラウンジビップは厚生労働省認可の有料職業紹介事業許可も取得済みの信頼性性の高いサイトです。安心してご利用ができます。

西麻布で人気のラウンジ

ラウンジでぽっちゃり系の女性がウケない理由とは?

キャバクラ以上にぽっちゃりはダメ?

キャバクラや会員制ラウンジに来る男性は色々な物を胸に抱えています。例えば可愛い女の子と喋りたい、褒められたい、疑似恋愛したいというスタンダートな欲求から、キャバ嬢に貢ぎたい、怒られたい、必要とされたいという少しニッチな欲求もあります。

その中でも、癒されたいという欲求を持っているお客様は案外多いです。

不景気が続く世の中で男性はストレスフルな社会で仕事する事を求められ続けています。

「おとこらしさ」を要求された結果、女性にうまく甘えられないという男性も多くなってきている現代のオアシスにあげられるのがぽっちゃりキャバクラがあります。

ぽっちゃりな女の子にはそのふんわりしたマシュマロボディにつまった癒し要素がたくさんありますのでキャバクラなどでは成功することもありますが、ラウンジだとまず上手く行かない、下手をすると面接で落とされる理由にもなります。

今回はお客様からなぜぽっちゃりが嫌われるのかを記事にしたいと思います。

下品だからダメ

小さな頃から太り気味な女性は、男性から体型をからかわれた経験も多いとききます。相手にいわれて傷つくくらいなら自分から言ってしまえと、開きなってしまった女性もたまに見かけますが、これはキャバクラではキャラクター次第で可能なのですが、ラウンジでは通常失敗します。

デリカシーがなさすぎるとお客様は下品だと感じて引いてしまうからです。キャバクラの場合はお店によって許容される場合もありますが、ハイセンス・ハイクオリティを要求する会員制ラウンジでは上手くいきません。

合コンで面白いキャラを演じて、「いいヤツ」だと評価されても、その後付き合いには発展しないのと一緒です。下品なトークでその場を盛り上げてもその頑張りが指名につながるとは限りません。

恋愛対象外の女性よりも対象内の女性の方がお客様の態度は優しくなるので、不必要に下品な行動はなるべく控えた方がいいです。

無口もダメ

ぽっちゃりでもキャバクラで人気がある女性は、だいたい話していて楽しいです。キャバクラでは必要な戦力です。

反対に採用基準で容姿を最優先にする会員制ラウンジでは、多少トークが下手でも容姿が綺麗だからという理由で許容されます。これがルックスを採用の最重要ポイントに置くラウンジの特徴で、キャバクラではむしろ「無口なキャバ嬢=仕事してないキャバ嬢」のように扱われます。

とはいえラウンジでもお客様ウケが悪くて出勤調整を食らう前に「いい子なんだな」と思ってくれるお客様を増やしておく必要があります。

空気が読めない

空気が読めない女の子はラウンジでもキャバクラでも、仮に可愛くても嫌がらやすくなるのに加えてぽっちゃりだとさらにきついです。

お客さんが今どんな気持ちなのかを探ろうともせずに、自分の思った事ばかりを押し付けるばかりだとうまく行く訳がありません。

  • 自分の状況を意識して衝動的に話さない
  • 相手の気持ちを観察して何が欲しいのかを慮る
  • 決めつけずに話をする
  • 場の空気にはなるべく乗る

以上の4点を意識することで、空気が読めないというレッテルを貼られないようになります。スリムな体型ではない女性は特に気をつけてみてください。まずは文句を言われにくくなるように頑張りましょう。

自分が話したい話題を続けるのではなく、お客様がしたい話題を引っ張れるのがコツです。

LINEから面接応募が無料で申し込みできます

『LINEのバナーをクリックして友達追加』
LINEで友達追加をすることで当社にご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思いますが決まっていなければ相談からでもOKです。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきますのでご興味がありましたら面接来ていただく流れになります。
 ↓
『面談&面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接の当日』
約束した日時に当社スタッフと待ちわせをしていただいて、当社スタッフが店舗まで案内します。ご希望の店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否はわかり次第報告します。面接に合格した場合は体験入店の希望日のスケジュールを決めていただきます。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。何度でも無料で対応いたしますのでご安心ください。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼〜夕方くらいに、出勤確認の連絡をさせていただきますので必ずご返信をお願いします。
ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますのでご安心ください。体験入店当日は、顔写真つきの身分証が必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店の終了後』
結果の合否をわかり次第報告します。採用の場合は本入店の希望日のスケジュールを調整します。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整しますが何度ご利用いただいても無料ですのでご安心ください。
 ↓
『入店後のアフターケア』
入店後も「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などをお気軽に言っていただければと思います。。当社が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉しますのでお店に言いにくいこともお気軽に言っていただいて大丈夫です。
もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

以上がLINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。
LINEアイコン

彼氏にバレないようにラウンジで働く秘策とは?

バレないで働く女性はたくさんいます

お付き合いをしている彼氏がいると、なかなかラウンジやキャバクラで働くことは難しく感じてしまいます。

働いている事がバレたら関係が崩れてしまう、でも、お金も欲しいし、キャバクラ(ラウンジ)にも興味もがあるし、どっちを取ればいいのか分からない..

そんな風に悩んでいる女性も多いかと思います。

しかしそれほど悩む必要はありません。

いくつかのルールをきちんと守れば、彼氏にバレずにキャバクラやラウンジで勤務する事は可能なのです。今日はその秘策について説明します。

勤務時間にアリバイを作る

キャバクラやラウンジで働いている時間帯の理由付けをきちんとしておかなければ、彼氏ナイトワークで働いている事がバレてしまう可能性があります。毎週同じ時間に彼女から連絡が返って来なかったり、遊びの約束を断ることが続いてしまうと、彼氏に疑われてしまう事は当然です。

疑われた時にきちんとした回答ができないと、キャバクラやラウンジ勤務はバレないかもしれませんが、さらにやっかいな浮気などの疑いをかけらてしまう可能性もあります。なので、キャバクラやラウンジで働き始めたら、必ず勤務時間の理由付けをするようにしましょう。

習い事や家族の集まりなど、絶対に外せない用事を作る事がベストです。毎週同じ言い訳をしても通用するものを選ばないと、相手が察するのも時間の問題です。

大事なことは理由に軽いものを選んでしまうと、自分の優先順位が低い事に彼氏は怒りを覚えてしまうということです。

理由付けをする時は、必ず相手も納得するような明確な理由を付ける事が大切なのです。
「そういえば、今日はあの日だった。」
と思わせる事ができれば、彼氏も安心して彼女の帰りを待つ事ができます。

彼氏の精神的不安を無くすためにも、きちんと納得のいくバレない理由を考えておきましょう。

お客様からもらったものは隠す

キャバクラやラウンジなどで勤務していると、仕事で着ているドレス(ワンピース)やお客様から頂いた物が増えてくると思います。それに慣れてくると、気づかないうちに部屋の見える場所にキャバクラに関連する物を置きっぱなしにしてしまったり、高級な物を身に付けてしまう習慣が付いてしまいます。

ふらっと遊びに行った時、キャバクラのドレスやワンピース、たくさんの頂き物があれば一発で終わってしまうこと間違い無しです。

そんな事にならないためにも、普段からキャバクラやラウンジなどのナイトワークに関係するものは、クローゼットの奥の奥の見えない所に隠す習慣を付けるようにしましょう。

持って帰ったら、すぐ隠す、という習慣が大切なのです。

携帯は仕事用のものを必ず用意する

最近は格安スマホなど、安く持てる携帯が増えてきました。お客様やお店のスタッフとのやり取り専用携帯を作り、彼氏と会う時にはその携帯を持ち出さないようにしましょう。

携帯をこっそりと見られてバレるケースが多いので、気をつけましょう。

LINEから面接応募が無料で申し込みできます

『LINEのバナーをクリックして友達追加』
LINEで友達追加をすることで当社にご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思いますが決まっていなければ相談からでもOKです。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきますのでご興味がありましたら面接来ていただく流れになります。
 ↓
『面談&面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接の当日』
約束した日時に当社スタッフと待ちわせをしていただいて、当社スタッフが店舗まで案内します。ご希望の店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否はわかり次第報告します。面接に合格した場合は体験入店の希望日のスケジュールを決めていただきます。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。何度でも無料で対応いたしますのでご安心ください。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼〜夕方くらいに、出勤確認の連絡をさせていただきますので必ずご返信をお願いします。
ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますのでご安心ください。体験入店当日は、顔写真つきの身分証が必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店の終了後』
結果の合否をわかり次第報告します。採用の場合は本入店の希望日のスケジュールを調整します。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整しますが何度ご利用いただいても無料ですのでご安心ください。
 ↓
『入店後のアフターケア』
入店後も「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などをお気軽に言っていただければと思います。。当社が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉しますのでお店に言いにくいこともお気軽に言っていただいて大丈夫です。
もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

以上がLINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。

ヤレそうでヤレない色恋を用いた接客テクニック

やはり「色恋」が一番効果的

今回はキャバクラという単語を用いて説明しますが、この単語を「会員制ラウンジ」と置き換えてもほぼ同じ内容になりますのでラウンジ希望の方も参考にしていただければと思います。

「稼げないキャバ嬢の特徴ってどんなキャバ嬢ですか?」と訊かれた時に、最初に思いつくのは最初から「友達営業で稼ごう」と考えているキャバ嬢です。もちろん友達感覚の営業も使えた方がキャバ嬢として稼げますが、最初から友達営業でお客様からお金を引っ張ろうと考えてもなかなか上手くいきません。友達営業はある程度お客様と仲良くなってから効果を発揮するものです。

「色恋営業は面倒なんだもん」と特にキャバクラからラウンジに移ってきた女の子ほど思うかもしれませんが、ただの女友達にお金をたくさん使う余裕のあるお客様は減ってきているのが現実です。

お客様がラウンジやキャバクラにお金を使ったりお店へ頻繁に通うようになるのは、目の前で接客する女の子にに女としての魅力を感じたからです。女としての魅力をアピールするなら、ヤレそうでヤレない女の子を演出するのがが一番効果的です。いずれは友達営業に持っていくとしても色恋営業はできるに越した事はありません。

今回はそんな風にヤレそうでヤレない女の子を演じる色恋営業テクニックを紹介したいと思います。

「一点集中」がカギ

男からみてやれそうな女性といえば、露出が激しい女だと相場が決まっています。上から下まで露出のない服装だとどうしても堅そうに見えてしまうので、やれそうでやれない女の子を目指すのであれば視覚での説得力が減ります。

ラウンジではキャバクラほど露出度の高いドレスなどを着ることはなく、基本的にはワンピース系の私服が多いですが、そういう服装でもおススメしたいのが一点集中での露出です。例えばワンピースをミニにして足をだすなら胸元は隠れるタイプのワンピースにしたり、足元も胸元も隠すならお腹がチラ見えするワンピースにしたり、胸元を強調するのもありです。

つまりどこかのパーツがチラリと露出していると程よいエロスが滲み出ます。その状態で肩や太ももなどがお客様にあたりそうな距離感で座ってください。

そこでがっついて触ってこなそうなお客様だなと思ったら、今度は手のひらをお客様の膝の上においたりしてみましょう。これはキャバクラなどでも用いられる古典的な方法ですが、ボディタッチは男をその気にさせる誘惑の仕方です。前かがみになって谷間をアピールするのも結構効きます。

胸が小さいキャバ嬢であっても谷間を一瞬作るくらいなら作れます。一瞬しかみれない谷間をみれるというのは結構男からするとぐっとくるものです。

お客様が本気になった時の対処法

「いつになったらやらせてくれるの?」とお客様から言われた時に、「あと200万使ってくれたらね」とは流石に露骨すぎて言えないと思います。
(お客様とセックスしてしまえば終わりです)

とはいえ「セックスする気はない」とはっきり言い切ってしまうと、それはそれでお客様が離れる原因になります。

例えば枕営業はしたことがない、ただお金のためにセックスするってむなしいしすごく嫌だ。自分がセックスする時はムラムラした時。目の前の男に抱かれたくなった時だよ的に上手にアピールします。そう言われると、ただ「やらせて」とは言いにくくなります。

「枕営業でいいから」やらせてよと言われた時はお客様はお金を積んでも無駄だと思ってくれます。ここが重要です。

LINEから面接応募が無料で申し込みできます

『LINEのバナーをクリックして友達追加』
LINEで友達追加をすることで当社にご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思いますが決まっていなければ相談からでもOKです。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきますのでご興味がありましたら面接来ていただく流れになります。
 ↓
『面談&面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接の当日』
約束した日時に当社スタッフと待ちわせをしていただいて、当社スタッフが店舗まで案内します。ご希望の店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否はわかり次第報告します。面接に合格した場合は体験入店の希望日のスケジュールを決めていただきます。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。何度でも無料で対応いたしますのでご安心ください。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼〜夕方くらいに、出勤確認の連絡をさせていただきますので必ずご返信をお願いします。
ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますのでご安心ください。体験入店当日は、顔写真つきの身分証が必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店の終了後』
結果の合否をわかり次第報告します。採用の場合は本入店の希望日のスケジュールを調整します。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整しますが何度ご利用いただいても無料ですのでご安心ください。
 ↓
『入店後のアフターケア』
入店後も「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などをお気軽に言っていただければと思います。。当社が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉しますのでお店に言いにくいこともお気軽に言っていただいて大丈夫です。
もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

以上がLINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。

LINEアイコン

会員制ラウンジのアフターってどんな感じ?

ラウンジのアフターは義務ではないです

会員制ラウンジではアフターがある店とない店があり、同伴や指名などもノルマがないのもあって義務ではありません。キャバクラやクラブのようなし烈なお客様争奪戦は全くありません。お客様を自分でガッツリと掴んでおく必要もないため、閉店後や自分のシフト以外でアフターや店外デートをする必要性も少なくなっているようです。

とはいえラウンジでの働き方はその店によって違いがあるため、自分の働きやすそうなラウンジを選択することが必要となるでしょう。

アフターに行くメリット

ラウンジにはいろいろな雰囲気のお店があり、その店によってはクラブのように自分のお客様を掴んでほしいと言われていることもあります(銀座方面の会員制ラウンジはその傾向が強い)。

そのようなラウンジに勤めていれば、おのずとお客様へのサービスもホステスに近いくらい頑張る必要も出てきます。自分のお客様を持とうとすれば、ラウンジでもアフターが必要となることもあります。クラブやキャバクラと同様にアフターへ行くことで女の子個人に対してお客様も心を開いて下さるようになり、次の来店につながります。当然ですがそれが同伴につながれば同伴バックとなって自分にプラスにもなります。

何よりアフターや同伴を頑張っているとお店に対して一生懸命働いている印象を与えられるので出勤調整のリスクが少なくなります。

ノルマはないので女性同士の争いはない

とはいえ自分でお客様を獲得するがない必要がないのでラウンジでは、キャバクラのようなお客様の獲得合戦は少ない店が多いようです。

ラウンジではゆったりと会話を楽しむ雰囲気になっていますため、指名を取る必要があってもキャバクラのようにガツガツはできず、お店からの要求もあまり高くないと思っていても良さそうです。 とはいえ指名をいただければ鼻が高いと感じますし、先ほども言ったようにお客様に気に入っていただければお店からの評価も上がるため、頑張りは必要となるでしょう。

もちろんリスクはあります

ラウンジはキャバクラやセクシーキャバクラのように下心のあるお客様が多いわけではありません。

しかしそれでも男性のお客様と外でお付き合いをする時には迫られたりするリスクに備えておくことが大切です。
安心しきって気を許すことで上品だったお客様が変わってしまうこともあります。ラウンジのアフターもキャバクラやクラブと同様に自己責任で対処することが必要となるため、羽目を外さないように注意したいものです。

LINEから面接応募が無料で申し込みできます

『LINEのバナーをクリックして友達追加』
LINEで友達追加をすることで当社にご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思いますが決まっていなければ相談からでもOKです。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきますのでご興味がありましたら面接来ていただく流れになります。
 ↓
『面談&面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接の当日』
約束した日時に当社スタッフと待ちわせをしていただいて、当社スタッフが店舗まで案内します。ご希望の店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否はわかり次第報告します。面接に合格した場合は体験入店の希望日のスケジュールを決めていただきます。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。何度でも無料で対応いたしますのでご安心ください。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼〜夕方くらいに、出勤確認の連絡をさせていただきますので必ずご返信をお願いします。
ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますのでご安心ください。体験入店当日は、顔写真つきの身分証が必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店の終了後』
結果の合否をわかり次第報告します。採用の場合は本入店の希望日のスケジュールを調整します。
不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整しますが何度ご利用いただいても無料ですのでご安心ください。
 ↓
『入店後のアフターケア』
入店後も「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などをお気軽に言っていただければと思います。。当社が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉しますのでお店に言いにくいこともお気軽に言っていただいて大丈夫です。
もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

以上がLINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。

LINEアイコン